maison des perles BLOG

ゴールド
久しぶりのアップです。

3月初めから始まったアラブ人系の結婚衣装制作、
2日間のパーティーがあるそうで
ウェディングドレス+衣装替え3着、お母さん2着 計5着のドレス。

さすがにアラブ系あってゴールドに激しい色の組み合わせ。
生地はピンクと紫のシルクシフォンでベルト部分の刺繍はゴールドメインに生地と同じ色のスワロフスキーを沢山埋め込み中心に大きなミラーを付けました。 

ピカピカして刺繍してると目が痛いのです、、、



CIMG0761_convert_20090408060525.jpg






CIMG0759_convert_20090408060418.jpg


普段自分では考えもつかない色合いと模様だったので、はじめはちょっと趣味合わないな〜
と思いながら始めた刺繍だったけれど、これも良い体験。

次回はもっと激しい写真アップしますよ〜〜。
髪飾り
ウエディング用の髪飾りのサンプルを作りました。
お花は大体いつもと同じ、でもこの場合裏が見えてしまうのでサテンで裏打ちをして、
葉っぱの中心には針金を入れて型を固定。
試していないので分からないけれど、これだけだと髪にしっかり固定出来ないのでは??
という気がしています。もしかしたらピンでも止められる様な場所も作った方が良いのかな、



R0018346_convert_20090221174528.jpg






R0018348_convert_20090221174608.jpg
サテンを使ったお花
先日トワルで試着をした後とりかかっていたお花がやっと終わりました。
でも今回はシルクサテンに少しだけスパンコールを付けた花びらや葉っぱを混ぜたので、
いつもより気持ち楽だった気がします。
後はドレスへ縫い付けてからパールや葉っぱを付け足す作業があります。

このイメージの刺繍は一番最初にパターンを作ってから毎回やるたびに改善されていて、
自分でもやりやすくなってきて、時間も早く出来る様になってきました。
大変だけど、ただモチーフを刺繍するよりも凹凸感もあって見栄えもするし、
豪華に見える為人気があリます。

今回使ったpaillettes(スパンコール)数は約19000枚でした。。。。



DSC_0752_convert_20090219072718.jpg
essayage
今日はウエディングドレスの刺繍の為にトワルを作って持って行きました。
今回は刺繍する部分が多いため、サテンで作ったお花とスパンコールで作ったお花を組み合わせる事に、、
スカート後ろ部分、コルセット、頭用コサージュの3カ所。
コルセットを作っているフランソワ、ちゃんとバレンヌ(クジラ)のひげを使用して、
彼女にぴったりのコルセットを作ります。
私も刺繍の為のトワル組みから最終仕上げまでやります。
ドレス全ての取り仕切りはエマニエル。



R0017619_convert_20090129084416.jpg

あっ私、床で持って行ったトワルを切り刻んでいます。




R0017624_convert_20090129084520.jpg

そして、今日はたまたま自分でつくたアクセサリーを付けていたら、
お客さんから注文してもらえました。
うれしー、手作りだし高いわよ。

また次回報告します。
お花の刺繍
新しいウエディングのサンプル用刺繍を今日やっと渡してきました。
今回paillettesの数12000枚使用
実際刺すまでにもトワルでサンプル、お花の型紙、位置のパターンを作ったり。
なにげに手間がかかる、
でも2回目からはもう少し早く出来るかな。





R0016403_convert_20081130063020.jpg

こんな感じにトワルを作って、直接刺す所、浮かせる所...etc を決める。





R0016633_convert_20081130063044.jpg

そして浮かせる部分は先にパーツを作る、




R0016685_convert_20081130063113.jpg


組み立てていくとこんな感じ。
Page: 4/5  << >>

RECENT ENTRY

CATEGORY

ARCHIVES

SEARCH

Feed